プロペシア効果&副作用、フィナステリド効果&副作用、フィンペシア効果&副作用

 

AGA治療 AGA治療2

 

AGA治療3

フィナステリド(プロペシア)のみで上記のように薄毛が改善したAGAクリニック。

遂に、来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」がスタート!

しかも、今だけ「初回1,800円(税込み)」の激安価格で購入が可能

まずは、このAGAクリニック(全国57院)の詳細を確認してみませんか?

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシア(フィナステリド/フィンペシア)の目次

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGA(エージーエー)は、Andorogetic Alopeciaの略です。

Andorogenがアンドロゲンと言う男性ホルモンの名前で、Alopeciaが脱毛症と言う意味なので、直訳すると男性ホルモンによる脱毛症なので、もっぱら日本語名は男性型脱毛症と呼ばれています。

思春期以降に額の生え際が後退して頭髪が薄くなってきたり、頭のてっぺんの頭頂部の髪が薄くなってくる男性がいますが、生え際か頭頂部かどちらか一方から頭髪が薄くなってくるか、または双方から頭髪が薄くなってくる状態を男性型脱毛症=AGAと言います。

AGA

おでこが広くなったように感じ始め、おでこや頭のてっぺんの頭髪が細く柔らかくなってきます。

20歳代の約10%、30歳代の約20%、40歳代の約30%にAGAが見られると言われています。

軽症の場合は、ミノキシジルを含む外用薬が使われます。

薬局でも「リアップ」と言う商品名で販売されているので、病院に行かなくても手に入ります。

軽症のうちに、ミノキシジルを使って進行を食い止めることが大切です。

まれに全身性の疾患が原因となっていることもあるので、健康診断や人間ドックで一度、全身のチャックを受けておくと安心でしょう。

また、ストレスや疲労や感染症が引き金となって、自分自身の頭皮の細胞を攻撃していて頭髪が抜けてくるという説もあります。

ストレスや疲労や感染症は、AGAだけではなくすべての疾患に多かれ少なかれ影響を与えるので、できるだけ無理のない生活を送ることが大切です。

栄養、休養、をバランスよく取り、運動を生活に取り入れましょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

AGA治療薬(飲み薬)について

AGA治療薬(飲み薬)について

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが髪の毛を成長させる毛根内の毛母細胞に悪影響を与えるため、髪の毛が十分に育たずに抜け落ちてしまうことが原因と言われています。

遺伝的要素が高いと言われていますが、日ごろの生活習慣にも左右されるようですので、規則正しい生活を送ることに越したことはありません。

AGA(男性型脱毛症)は、内服薬により治療できる時代となっています。

具体的には、抜け毛を予防する効果のあるプロペシアと、発毛促進効果のあるミノキシジルの2種類の薬を使用します。

毎日、食前でも食後でも構いませんが、できるだけ同じ時間帯に服用するのが望ましいと言われています。

プロペシアの1日上限摂取量は1mgとなっています。

プロペシアはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発された薬です。

副作用として報告されている症状は、肝機能障害、性欲減退、ED(勃起不全)などがあります。

ミノキシジルの1日上限摂取量は10mgとなっていますが、もともとミノキシジルは、高血圧の治療薬として開発された薬のため、高血圧治療を目的とする上限摂取量は100mgとなっています。

副作用として報告されている症状は、低血圧、めまい、動悸、全身の体毛が濃くなる多毛症などがあります。

副作用を訴える人の割合は少ないですが、内服治療により身体に異常を感じた場合は、必ず医師に相談することが大切です。

また、治療中はずっと薬を飲み続けなければならず、自己判断で中止すると、元に戻ってしまいます。

経済的な負担も十分に検討することが必要と言えます。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

AGA治療薬(外用薬・頭皮に塗布する育毛剤)について

AGA治療薬(外用薬・頭皮に塗布する育毛剤)について

AGAの治療薬には、頭皮に塗布するタイプの外用薬があります。

育毛剤とも呼ばれるタイプの治療薬です。

ミノキシジルという成分が使われていることが多く、血管を拡張して血行を促すなど、毛母細胞に栄養が届きやすい頭皮環境に整えてくれます。

ミノキシジルはAGAの治療薬としてクリニックで処方して貰うほかに、市販の育毛剤として手に入れることもできます。

育毛剤だからといって、無警戒に使ってよいというわけではありません。

頭皮に塗布して使用するといっても、副作用が出るケースもあるためです。

もともとが高血圧の薬として開発されたものであるため、血圧を低下させてしまうという副作用があります。

また頭皮のかゆみや炎症、湿疹といった副作用が出る場合もあります。

頭痛や胸の痛み、動悸や不整脈といった症状が出る恐れもありますので、注意しながら使用しましょう。

ミノキシジル配合の治療薬は、製品によって配合されている濃度が異なります。

濃度によっても副作用の出方に違いがありますので、使っていて何らかの異常を感じたときには速やかに使用を中止して医師に相談することが必要です。

低血圧の方や高血圧の治療を受けている方は使用を避けたほうが賢明です。

すでに何かの病気で治療を受けているときには育毛剤を使用する前に医師への相談をおすすめします。

ミノキシジル配合の育毛剤は女性でも使用することができます。

しかし、妊娠中や授乳中はお母さんの体を通じてお子さんへの影響が考えられるため、使用を避けましょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアとは?

プロペシアとは?

プロペシアはフィナステリドとも呼ばれる、AGAの治療薬です。

アメリカで開発されて、世界60ヶ国以上で認可されている薬です。

円形をした、ピンク色のフィルムでコーティングされたものになります。

なお、AGAはAndroGenetic Alopeciaのこと、男性型の脱毛症のことです。

思春期以降の男性によく見られる髪の毛が薄くなる症状です。

額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなります。

プロペシアの有効成分はフィナステリドです。

その効能についてお話します。

AGAの原因物質はDHTです。

脱毛している頭皮に多くのDHTが見られます。

このDHTは5α還元酵素によって生成されて、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体とくっつきます。

くっつくと、成長期の髪の毛に対して信号が出されます。

退行期、また休止期に移行しなさいという信号です。

そうなってしまうと、成長する前に髪の毛が抜け落ち、退行期の髪の毛が増加します。

プロペシアはDHTを生成する5α還元酵素を阻害します。

このことによって、髪の毛の成長期が長くなります。

細くなった髪の毛にコシが出たり、休止期にある髪の毛が成長したりします。

AGAが改善するということです。

日本における臨床試験では、プロペシア1ミリグラムを3年投与した人の80%近くが、AGAが改善しています。

改善効果と維持効果を合わせると、ほぼ100%の人に効果があることが分かりました。

プロペシアは優れた薬です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアの効果

プロペシアの効果

プロペシアは経口タイプの男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。

元々は前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として利用されてきましたが、その後の研究により育毛の効果があると判明し、現在では世界60か国で承認されています。

日本でもAGAクリニックで男性型脱毛症の治療薬として販売されています。

基本的には脱毛予防、毛髪の強化の効果がありますが、継続して服用することにより毛量増加にも効果が見られ、臨床試験では発毛効果も見られています。

男性型脱毛症とは、毛周期が成長期、退行期、休止期を繰り返す過程で成長期が短くなり、休止期にとどまる毛が多くなることにより、生え際から後頭部にかけて頭髪が軟毛化して短くなってしまい、最終的には全てなくなってしまう病気です。

この疾患には男性ホルモンが関係しており、男性ホルモンによってDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が体の中で生成されますが、その物質が多く生成されることによって引き起こされてしまします。

そのため、男性型脱毛症の治療としてプロペシアを服用するとDHTの生産を抑制する効果があるため、本来の毛周期に戻り治療に効果が見られます。

プロペシアを服用すると逆に抜け毛が増えて服用を中止してしまう患者もいるようですが、この症状は初期の効果の表れた証拠で1か月前後で治まるため間違って服用を中止してはいけません。

正常の毛周期にもどり始めるのは1か月前後の初期脱毛が治まってから半年にかけて見られます。

また、プロペシアは頭痛、腹痛、下痢、眠気、胃部不快感、頻尿の副作用もあり、成分に過敏に反応してしまう人もいるため、副作用がひどいときは医師に相談し服用を中止することも必要です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアの副作用

日本では、AGAと呼ばれている男性型脱毛症に悩んでいる男性が数多く存在します。

男性型脱毛症は、20代や30代の若い男性でも発症します。

日本には、全国に男性型脱毛症を治療するクリニックがあり、幅広い年齢層の男性が治療を受けています。

男性型脱毛症の治療には、様々な治療方法がありますが、薬物治療が中心となっています。

薬物治療では、外用薬と内服薬を使いますが、最近は内服薬での治療を希望する患者も増えています。

医師が処方する内服タイプの男性型脱毛症の治療薬として、世界で初めて販売された薬がプロペシアです。

プロペシアは、2005年の12月から日本でも発売が開始されています。

男性型脱毛症の原因のひとつが、DHTです。

男性型脱毛症に悩んでいる男性の頭皮には、DHTが通常より多く確認されています。

DHTが男性ホルモンの受容体と結合すると、髪の毛が成長する前に抜けたり、髪が細くなったりして、薄毛の症状が進んでしまうのです。

プロペシアは、男性型脱毛症の原因となるDHTの生成に必要な酵素を阻害し、DHTの生成を抑えることができます。

男性型脱毛症に効果的なプロペシアは、副作用が少ない治療薬として有名ですが、まれに副作用が出る人もいます。

副作用には、倦怠感や食欲不振、吐き気、かゆみ、性機能の低下などがあります。

副作用が出た場合は、すぐに服用を中止して、できるだけ早く専門クリニックへ行き、医師の診断を受けた方が安心です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアのジェネリック医薬品

特許期間が満了した新薬と同じ効果や安全性を持った医薬品がジェネリック医薬品です。

プロペシアの特許期間も満了しているため、ジェネリック医薬品があります。

ジェネリック医薬品の場合、有効成分の種類や量、用法や用量、効果や効能といったものは同じでなければいけません。

しかし、薬の形や色、味や添加物に関しては工夫することが可能です。

また、新薬に比べると開発費を抑えることができますので、新薬と同じ有効成分を使用しながら価格を抑えることが可能になります。

ジェネリック医薬品はコピー品などとは違って、安全に利用できますし、効果についても期待できます。

費用については抑えることができるため、新薬に比べると安く手に入れることが可能です。

プロペシアのジェネリック医薬品は、ファイザーから発売されています。

日本製のジェネリック医薬品ですから安心して使うことができます。

ただし、このジェネリック医薬品を手に入れるには、医師に処方箋を買いて貰う必要があります。

扱いが医師の処方のみでの対応となる処方箋医薬品になっているためです。

コピー品などのリスクの高いものを購入するのなら、プロペシアのジェネリック医薬品についてチェックしてみるとよいです。

ただし、プロペシアの場合、ジェネリック医薬品になったからといって極端に値段が下がるといったことはありません。

なぜなら医療保険適応が認められていない薬である、など、特殊な位置づけの薬だからです。

プロペシアのジェネリック医薬品だからといって、極端に値段が下がるといったことではありません。

事前に話をよくきいて、納得してから利用すると良いです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアの成分:フィナステリド

プロペシアの主成分はフィナステリドです。

フィナステリドは元々前立腺肥大症の薬として使われていましたが、投与された患者の毛髪が濃くなったことをきっかけにAGA治療薬としての有効性も確認されました。

1998年にプロペシアが発売されると、日本でも2005年に厚生労働省が認可したため病院で処方できるようになりました。

現在では世界60カ国以上が医薬品として扱っており、症例も多い治療薬です。

AGAの原因は男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化し、毛髪サイクルを早くし抜け毛を促進することです。

ジヒドロテストステロンはテストステロンが5αリダクターゼに変換されて作られます。

フィナステリドにはテストステロンと5αリダクターゼが結合するのを防ぐ作用があるので、抜け毛を増やすジヒドロテストステロンの生成も抑えられます。

服用し続ければ、早くなった毛髪サイクルが整って丈夫な髪の毛を生やすことができます。

血液中に一定の濃度でフィナステリドが存在する方が効果的なので、プロペシアは毎日同じような時間に1日1錠服用するのが良いとされます。

食前でも食後でも問題ありません。

決まった時間に服用することは、飲み忘れを防ぐためにも効果的です。

服用して半年ほど経過すると、抜け毛が減ったなど明らかな効果を見ることがほとんどです。

AGAが進行してから5年以内であれば効果が出やすいので、早めに治療を始めるのが良いです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアの初期脱毛とは?

プロペシアはAGAの薄毛治療の際に使用する有効成分で、ようやく生え始めた大切な毛が抜けてしまうという副作用があります。

この副作用はどのようなものなのかを見ていきます。

AGAの薄毛治療の初期段階で、有効成分であるプロペシアの副作用として、初期脱毛が発症してしまいます。

しかし、この初期脱毛が発症したことはマイナスなのではなく、有効成分であるプロペシアがAGAの薄毛治療に対して薬の効果がでてきたという事なので、喜んでいい事なのです。

この初期脱毛の副作用によって毛が抜けてしまうのは、治療によって健康を取り戻していく毛が生えるまでの間に起こり、病気であった毛を抜き去っているような状態です。

AGAの薄毛が発症している部分は、毛髪の発毛から休止までの周期が乱れてしまい、成長期から始まり退行期、休止期の中で、髪の毛にとって大変大切な成長期が短くなってしまいます。

成長期が短くなると髪の毛はしっかりと成長する事ができずに、すごく細い毛髪になってしまいます。

AGAの薄毛を発症している時は、成長期が短すぎるために、細い毛だけが増えてしまうのです。

このプロペシアを服用する事により、毛母細胞の働きを活発にさせ、休止期に入っている毛髪を早く成長期に入らせる働きをするために、生え始めていた毛髪を下から追い出すようになるために初期脱毛が起こるのです。

プロペシアを服用した事によって起こる副作用の初期脱毛は、AGAの薄毛治療の効果がでてきたことなので、心配する必要はありません。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアの効果が出るまでの期間と効く人の割合

薄毛に悩む人は様々な方法で改善策を立てていることと思われますが、薄毛の進行を妨げる効果のあるAGA治療薬としてプロペシアがあります。

薄毛の人にとって強い味方であるプロペシアですが、服用してからどのくらいの期間で効果が出るのか気になるところではないでしょうか。

また、プロペシアが効く人の割合としてはどのくらいなのかについても考えてみましょう。

薄毛改善に効果のあるプロペシアですが、だからと言って服用したすべての人にすぐに効果が出るかというのは難しいところと言えます。

薄毛改善の回復度合いには個人差があるため、3か月程度で効果があらわれ始めた人もいれば半年たってもなかなか効果を実感できないという人もいるとされていますが、だいたい半年もすればほとんどの人が薄毛改善効果が期待できるとされています。

半年程度の服用ですと、25%の人が高い薄毛改善効果を実感できたと感じ、約50%の人は多少の改善効果があった、そして残りの25%の人は半年では改善効果が見られないと感じている人のようです。

プロペシアは薄毛を進行させないようにするのに非常に効果的とされていますが、だからと言って生活習慣が乱れていた李髪の毛に良くない生活を続けていては十分に効果を発揮することができないと言えるでしょう。

そのため、プロペシアの効果を十分に発揮させるためには規則正しい生活習慣を送るように心がけ食生活など生活全般から変えて頭皮に良い過ごし方を送るのが良いとされているのです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアは女性はNG!女性にとってプロペシアは超危険

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用され、効果を上げている薬です。

AGAは成人男性に多い脱毛症で、男性ホルモンが影響していると言われ、この対策としては、頭皮に育毛成分を注入する育毛メソセラピーなど、いろいろな治療法がありますが、一般的には薬物療法が良く行われており、その際に最も使われているのがプロペシアです。

ただし、これは女性の場合は飲んではいけないことになっています。

特に妊娠中の女性の場合には、胎児に奇形が生じる可能性があるので、禁忌とされています。

プロペシアの主成分はフィナステリドですが、これは男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑えることで脱毛を防ぐという作用を持っています。

そして、女性が妊娠した場合、胎児が男児ならばその成長に母親の胎内のDHTが必要なのですが、このときにフィナステリドがあると、これが抑えられてしまい、男児の生殖器が正常に形成されない可能性が出てきます。

しかも、プロペシアは皮膚に付着しただけでも、体内に吸収されてしまう薬なので、特に妊娠中や妊娠の可能性がある女性の場合は触れることさえ危険ということになります。

さらにプロペシアは、未成年者の場合にも副作用が出る可能性があるので、使用が禁止されています。

ですから、成人の男性が育毛剤としてプロペシアを使用する場合、家族に女性や未成年の子どもがいる場合には十分に注意して、家族には触らせず、自分だけでしっかりと管理したり、持ち運ぶようにすることが必要になってきます。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアの価格(AGAクリニックでの処方)はいくらぐらい?

若はげやAGAの改善に効果があるとされるフィナステリド製剤は、認可された日本でプロペシアという名前で販売されています。

皮膚科などの一般の病院でも診察ができ、処方してもらうことができますが、本格的に薄毛の治療をしたいと考えている場合は専門のAGAクリニックを選択するべきでしょう。

AGAクリニックは治療費が高いと言われがちですが、専門的だから診察料や薬代が高いというわけではありません

主に専門医が様々な症例から、患者にとって最適な治療法を試みることで効果的な改善がみられるようになるのが特徴です。

そのため、多くの治療が行われるようになり、結果として費用がかかるということになっているのです。

つまり、プロペシアを購入しても一般の病院とAGAクリニックに大差はありません

元よりプロペシアは健康保険の適用外となっているので、自由診療によって言い値が出されるようになっています。

処方されたプロペシアの価格に決まりはありませんが、おおよその相場としては1錠あたり150円前後となっています。

処方されるのは1ヶ月単位のため、購入時には5,000~7,000円程度が必要になります。

プロペシアには0.2mgと1mgで用意されていますが、用量がどちらであっても価格にはほとんど影響はないようです。

上手く錠剤を分割できるのであれば、あえて1mgを購入して、分割して使用すれば1回の服用にかかる単価を抑えることもできるでしょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシア治療開始前には血液検査を行っているAGAクリニックを選ぶ理由とは?

プロペシア治療開始前には血液検査を行っているAGAクリニックを選ぶ理由は、副作用に関して事前にチェックできる安心して治療が受けられるクリニックだからです。

AGAの治療において、副作用の危険の有無を事前に確認しておくことは大切です。

なぜなら、薄毛の治療を行うことで重篤な内臓の疾患を招くなどの副作用があっては治療の意味がなくなってしまうからです。

治療に使う薬剤に対して、健康状態が問題がないか確認しておくことは重要です。

男性型脱毛症の治療で使用する薬剤にプロペシアがあります。

この薬が肝臓に負担をかけることは分かっています。

そのため、肝臓の状態が悪い方には使うことができません。

事前に血液検査を行っているクリニックであれば、危険を避けて使用することができます。

プロペシアの副作用には肝機能の低下だけでなく、EDや性欲減退などもあります。

定期的に血液検査を受けられるクリニックであれば、薬の服用による負担なども観察しながら治療を受けることができます。

また、血液検査を行うことで、体の状態を知ることができます

食生活や生活習慣、ストレスなども髪には影響してきますので、状態を把握することで、どのような改善をしていけば効果的な治療ができるのかを知ることができます。

内臓への負担も大きいですし、AGAの治療は継続して行うことが必要ですから、若い方の場合には、プロペシアの服用に関して慎重に判断することも必要です。

血液検査までしっかりしてくれるAGAクリニックで、自分に合った治療を受けるほうが安心です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアの用法と飲むタイミングは?

加齢に伴い、髪の毛が細く、薄くなりやすくなると頭全体の髪の毛のボリュームが減り、若々しさがなくなってしまう事にコンプレックスを感じている男性は少なくありません。

早い段階で薄毛治療を始めることで頭皮や髪のダメージを減らし、太くしなやかな髪の毛を育毛するためにも普段の生活の中にAGA治療薬を取り入れる方が増えてきています。

AGA治療薬には複数の成分が配合されており、主にプロペシア、フィンペシア、エフペシア、フィナバルドなどが主に配合されている特徴があります。

初めてAGA治療薬を利用する方などは、どのタイミングで飲むほうが一番良い効果を体に与えることが出来るのかわからないという方は少なくありません。

一般的に手に入るAGA治療薬の多くは飲むタイミングは朝昼晩いつでもOKとされており、自分の好きなタイミングで飲むことが出来る手軽さもあり、利用する男性が増えてきています。

ただ、きちんと守らなくてはいけないのが、1日1錠飲む事とできるだけ24時間ごとに飲んだほうが高い効果を得ることが出来るようになります。

またプロペシア、フィンペシア、エフペシア、フィナバルドなどが配合されているフィナステリドというAGA治療薬は、DHTの生成を抑える薬として服用するため、肌に触れるだけでも成分が体に吸収される恐れがあり、妊娠中の胎児に影響が出る危険があるため、女性がフィナステリドを摂取することは禁止されていますので注意が必要です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアは20代の薄毛予防にも最適!

プロペシアは20代の薄毛予防にも最適!

プロペシアはAGA、男性型脱毛症による抜け毛や薄毛に効果があるとして、すでに多くの男性が服用、ごく一部の人以外にはこれといった副作用もないことから、多くのクリニックで処方される安心のAGA治療薬となります。

プロペシアは薄毛になるメカニズム、男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素と結びついてジヒドロテストステロンになることを抑制する働きがあり、これによって遺伝的にハゲやすい家系の方であっても長期間にわたって毛髪を維持することができるのです。

しかし、すでに薄毛になって久しい方である場合、プロペシアの服用によって発毛サイクルを正常に戻したとしても、毛髪が生える元である毛母細胞が死滅していたりすることも多く、なかなかかつてのようにフサフサの状態に回復させることは難しいことでも知られているのです。

ですので、ハゲ上がってから服用を始めるのではなく、まだあまり症状が進行していなかったりする方が薄毛予防薬として服用することが大切で、家族にハゲが多い方では30代と言わず20代から服用を始めることがより効果的なのです。

大抵において、「ハゲ」「薄毛」と言われるような方は早い場合は20代から薄毛や抜け毛といった症状があらわれます。

実はこの段階ではたとえかなりの部分で症状が進行していたとしても、まだ毛母細胞が完全に死滅していない場合がほとんどですから、壮年世代になってプロペシアの服用をはじめるよりもより効果的と言えるのです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

プロペシアを実際に飲んでいる人の口コミ・体験談は?

プロペシアを実際に飲んでいる人の口コミ・体験談は?

AGA、男性型脱毛症に最も効果があると言われているものが、プロペシアという治療薬です。

優れた治療薬です。

口コミのサイトなどでも、効果が驚くほど高かったという声がたくさん寄せられています。

30代でAGAに悩んでいるという人がいます。

その人は若くしての薄毛で本当に辛い思いをしていたけれど、この治療薬の効果で劇的に改善しました。

他の薬はあまり効果がなかったのに、この治療薬は効果があったということです。

また、副作用も特に出なかったということです。

中には副作用が出る人もいます。

ですが、服薬を中止すれば症状は自然に治まります。

口コミのサイトでも、服薬を中止したらすぐ症状がなくなったという声が多いです。

副作用によって脱毛したという人がいます。

これは初期脱毛です。

脱毛は飲みはじめのうちだけだったということです。

このプロペシアはクリニックで処方してもらうこともできます。

クリニックに抵抗がある人は、インターネットショップなどから、海外のものを個人輸入することもできます。

代行業者に頼んで個人輸入したという人も多いです。

例えばアメリカ製のタイ向けのもの輸入した人がいます。

ただし、個人輸入は偽物が多く、法律的にグレーな部分も多いため、AGAクリニックで処方・購入するのがベストです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドとは?

フィナステリドとは?

フィナステリドとは成分名のことをいい、プロペシアはフィナステリドの成分が入った製品名のひとつです。

フィナステリドが入った製品はプロペシアの他にアメリカの大手製薬会社のプロスカーやラムダグロー、フィナステリドタブレットなどがあります。

プロペシアの日本での特許は2015年に切れているため、各社からファイザーなどのジェネリック製品が発売されています。

男性専用の薬なので女性は使用できません。

フィナステリドの成分はプロペシアと言う名前で前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に使用されていましたが、投与されていた患者の毛髪が濃くなるという薬効が発見されたことによりAGAの治療薬としても利用されるようになりました。

フィナステリドにはAGAの原因として最もあげられる男性ホルモン「テストステロン」が変化してできたDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果があるため、AGA治療薬として人気の成分となっています。

フィナステリドやプロペシアを使用するうえで注意したい点は副作用です。

よく言われている副作用症状には性欲の減退や精子減少などがあげられるほか、最も気を付けたい点としては女性や子供への影響です。

ホルモンに影響を与える薬となっているので妊娠中の場合には、胎児への影響も考えられます。

服用ではなく触るだけでも影響があるため、子供が欲しいと思っている場合には薬の成分を完全に抜く必要があります。

期間は医師に相談することをおすすめします。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリド錠の種類とは?

プロペシアとは?

フィナステリドは、男性の薄毛や抜け毛の原因である5αリダクターゼの働きを抑える効果がある成分で、AGA治療薬として有効性が認められています

フィナステリドを含む錠剤は、いくつかの種類があり、医療機関で処方してもらう他、個人輸入でも入手することが可能です。

AGA治療薬としてメジャーなものは、プロペシアです。

アメリカのメルク社が製造している医薬品で、世界中で使用されています。

日本でも厚生労働省が認可しているAGA治療薬として安定的な需要があります。

そして、特許期間が満了したことを受けて、フィナステリドを含有するジェネリック医薬品が2015年から国内でも販売されています。

ファイザー、サワイ、トーワ、クラシエ、SNの種類があり、それぞれ0.2mgと1mg配合の錠剤があります。

国内で認可されていないフィナステリド配合のジェネリック医薬品には、主にフィンペシア、エフペシア、フィンカーがあります。

これらは全てインドのシプラ社が製造しており、フィナステリドの含有量は、フィンペシアとエフペシアが1mgでフィンカーが5mgです。

フィンペシアとエフペシアは同量のフィナステリドが含まれているため有効性に違いはありませんが、タール色素の有無に違いがあります。

フィンペシアにはタール色素が含まれていることから健康被害を懸念する人は、タール色素が含まれていないエフペシアを選択しています。

インドのシプラ社のフィナステリド錠は、日本では未認可の医薬品のため、個人輸入サイトを利用するのが主な入手方法です。

ただし、日本では未認可のため購入には注意が必要です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドの効果

プロペシアの効果

フィナステリドには、男性型脱毛症(AGA)の症状の進行を遅らせる効果と、前立腺肥大症の症状を改善させる効果があります。

AGAや前立腺肥大症の症状がすすむのは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる強力な男性ホルモンが、毛乳頭細胞や前立腺細胞にあるアンドロゲンレセプターと結合することが原因といわれています。

この結合によって、毛乳頭細胞では毛乳頭に対して毛髪の成長を抑制する命令をだす作用がある物質が放出され、前立腺細胞では細胞の活動が活発になって、より前立腺を大きくしていきます。

DHTは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5α還元酵素と結合することによって生みだされます。

フィナステリドがターゲットとしているのはこの5α還元酵素で、体内に取り込むことにより5α還元酵素を阻害し、DHTの生成を抑制します。

DHTの濃度が減ると、毛髪の成長抑制に関与する物質の生成量も減るため、ヘアサイクルの乱れが生じにくくなり、AGAによる薄毛の進行を遅延させることができます。

また、前立腺でも細胞の活性化が抑えられ、徐々に縮小し元の大きさに戻っていきます。

フィナステリドの効果は、AGA治療薬としてであれば1日1mgの投与を続ければ効果があらわれますが、前立腺肥大症治療薬としては1日5mgを投与しなければなりません。

フィナステリドを体内に取り込む場合は、AGAの治療が目的なのか、前立腺の疾患の治療が目的なのかをよく確認した上で、症状に合う量を投与しましょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドの副作用

薄毛に効果があるとして、広く使われている治療薬のフィナステリドには副作用があります。

フィナステリドの代表的な副作用は、主に男性機能に関してです。

性欲の減退や勃起不全、精子の減少など、男性機能に関する副作用は数多く報告されています。

男性機能に副作用が起きる原因としては、フィナステリドが男性ホルモンを抑制する効果があるからです。

本来は前立腺肥大の患者に使われていた治療薬なので、性機能に関する副作用には注意が必要です。

男性ホルモンを抑制する作用は、男性機能以外にも影響を与えます。

その一つが精神面で、フィナステリドを服用するとうつ状態になる副作用も報告されています。

身体面だけでなく、精神面にも影響が出るのは、服用時に注意したいポイントです。

肝機能への副作用もフィナステリドには報告されており、場合によっては深刻な問題になる可能性も低くありません。

肝臓に関する病気がない人なら比較的安心ですが、持病がある方は注意しなければいけません。

このようにフィナステリドには、男性機能、精神状態、肝機能など、様々な場所で副作用が起きる可能背はあります。

しかし、フィナステリドで引き起こされる副作用は、それほど多くはありません

それぞれの副作用が報告される割合は1%程度なので、大袈裟に考えることはないでしょう。

ただし、場合によっては身体に危険を及ぼすこともあるので、服用中に異常が見られたら医師に相談するのがおすすめです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドのジェネリック医薬品

育毛において高い効能を持っていることが判明しているのがプロペシアなのですが、買い求める時には価格が高いと感じてしまう方が多いのも事実です。

そこで、重宝する選択肢だと言えるのが、金銭的な負担にならないほど安価であるのにも関わらず、プロペシアにおける有効成分のフィナステリドが服用可能になるジェネリック医薬品の存在です。

実際に買い求めるとわかりますが、製品がインドから送られてくるので戸惑いや心配してしまう方が多いのも無理はありません。

しかし、世界中から信頼が寄せられている企業であることから、安全性に関しては全く心配しなくても良いでしょう。

日本の企業ともしっかりと連携を取っていることから、あらゆる不測の事態に対応できる体制が整っています。

ただし、個人輸入という方法でフィナステリドを手に入れようとするのはリスクが大きいと言うことができます。

その理由は、数多くの業者が仲介するので荷物が行方不明になってしまう可能性が高いですし、正しくないものが到着するリスクも含んでいます。

そういった点から、やはりAGAクリニックでプロペシアを買い求めることが最も効率的で望ましいと言えますし、全てにおいて成分鑑定が実行されているためお墨付きと考えて良いでしょう。

また、ジェネリックだからこそ実績があるという点も頼もしく感じられるでしょう、

紛れもなく効果があり、支持されてきているという表れと言っても過言ではないので、あえてこちらを選ぶ方も多いです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドの成分は?

フィナステリドとは?

フィナステリドとはプロペシアなどの男性型脱毛症の治療薬に含まれる有効成分の名称です。

少し分かりにくいかもしれませんが、プロペシアなどの名称はあくまで商品としての名称であり、その中に含まれる有効成分の名称がフィナステリドなのです。

これは5αレダクターゼという酵素の働きを阻害します。

5αレダクターゼという酵素は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンをジヒドロテストステロンと呼ばれる別の男性ホルモンに変換する働きを持っているのですが、このジヒドロテストステロンが脱毛症を引き起こすことが分かっているのです。

ですから、5αレダクターゼの働きを阻害し、テストステロンからジヒドロテストステロンができないようにしてやることで、脱毛症の治療薬になることが期待できるわけです。

ただ、男性ホルモンに影響を与える薬であることは間違いありませんから、男性ホルモンに関係するような副作用が起きることがあります。

用法や用量を守って使用することが必要ですし、女性の脱毛は男性ホルモンとは関係がないために効果がありませんから、女性は使用してはいけません。

このフィナステリドというのはアメリカのメルクという製薬会社によって発見、開発された成分ですが、既に特許で保護される期間は切れています。

そのため、メルク以外の製薬会社であってもこの成分を含む薬を自由に作ることができ、実際にフィナステリドを含むジェネリック医薬品も発売されています。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドの初期脱毛とは?

薄毛治療の特効薬として知られるフィナステリド製剤は、国内でも認証されているため購入するのは難しくありません。

服用を続けて半年ほどで産毛が生えてきて、1年も続ければある程度の濃さまで成長するため、目立たなくなると言われています。

しかし、初めて服用を開始した人は、最初の2週間から1ヶ月ほどの間に髪の毛が抜け落ちていくため、驚くこともあるようです。

フィナステリドは男性ホルモンに働きかけ、AGAの原因であるジヒドロテストステロンと呼ばれる物質の生成の抑制をしてくれます。

薄毛を促進させる物質の阻害効果によって、通常通りの毛髪の成長が行えることから、これまで上手く成長できなかった毛髪は抜け落ちるようになります。

そして毛根から新たな髪の毛が生えてくることで、薄毛が改善されていくという仕組みです。

この時に退行期や休止期に入っていた毛根も刺激され、これまで少しずつしか生えなかった毛髪が徐々に増えていくようになります。

この作用が初期脱毛と呼ばれ、およそ1ヶ月以内で起こるため、通常より脱毛が起こりやすくなったことに驚いてしまうのです。

初期脱毛は乱れたヘアサイクルをリセットするため、正常な髪の毛が生えてくるために必要なことです。

成長の止まった古い毛髪を押し出して生えてくるので、慌てる必要はありません。

実際に脱毛が起こったら、フィナステリドの効果が出ていると素直に喜ぶべきでしょう。

あまり抜けすぎて困るという人は、短髪にしておくと目立ちにくくなるかもしれません。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドの効果が出るまでの期間と効く人の割合

薄毛の改善策にも様々な種類がありますが、しっかりと悩みを解消するのであれば医療機関の治療も検討したいところです。

薄毛治療にも色々な方法がありますが、特によく選ばれている方法にはフィナステリドの処方があげられます。

プロペシアは代表的な薄毛治療薬ですが、その主成分がフィナスリドとなっており、同成分の別の薬が選ばれることもあります。

そして、気になるのはその効果が出るまでどのぐらいの期間がかかるのか、効く人の割合はどれぐらいなのかというところではないでしょうか。

まず、効果はゆっくりと現れてきますので、実感できるのは早くても数か月程度はかかると考えておいたほうが良いでしょう。

それゆえ、初期に効果を実感できなくてもすぐにやめてしまわず、ある程度の期間は続ける必要があります。

有効成分であるフィナステリドは5αリダクターゼの活性を抑えることで、より強力な男性ホルモンであるDHTの生成を防ぐことができます。

そして、すべての人に効果が表れるのかとなると、個人差があるので誰もが同じように効果を実感できるわけではありません。

劇的に変化を感じられる人もあれば、やや改善が見られた、現状維持という場合もありますし、中にはずっと飲み続けているにかかわらず変化が得られないという場合もあります。

こうした場合は薬の服用はやめ、別の方法での改善も検討していくこととなります。

効果が出るまでの期間や効く割合などはカウンセリングの際によく確かめておくことがおすすめです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドは女性はNG!女性にとってフィナステリドは超危険

フィナステリドは元々、前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に使用されて来た薬で、ジヒドロテストステロンを抑制することで、抜け毛を予防します。

しかしながら、女性にとってこのジヒドロテストステロンを抑制すると言う効果が逆に副作用となってしまいます。

ジヒドロテストステロンには、幼児期や特に胎児において男性の性器を作るという大切な働きがありますが、妊娠中の女性がフィナステリドを使用し体内に吸収されると、お腹の中にいる男の子の生殖器官に発達異常を起こす可能性があるなど、胎児の正常な発達が阻害される恐れがあるのです。

そんな理由から妊娠している女性がフィナステリドを服用すると、お腹の胎児に何らかの影響が出る可能性が高いので女性には処方されません。

またフィナステリドは皮膚から体内に吸収される事もあります。

妊娠している女性や母乳を与えている女性が、フィナステリドが配合されている錠剤に触れることも禁止されています。

それは皮膚からもフィナステリドは吸収されてしまうからで、錠剤に触れてしまっただけで副作用が生じてしまう恐れがあります。

フィナステリドは男性と薄毛の原因が異なり、男性ホルモンの少ない女性が服用しても効果はありません。

女性は服用しても意味がない上に、触れるだけで妊娠中の胎児や赤ちゃんにとって悪い影響がありますので、男性が服用するのであれば取り扱いに細心の注意を払い、必ず妊婦や赤ちゃんの手の届かないところに保管しなければいけません。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドの価格(AGAクリニックでの処方)はいくらぐらい?

薄毛改善治療薬で知られるプロペシアは価格が高いので、長く続けていくのは難しいと感じている方は、ジェネリック医薬品のフィナステリドを選ぶようにしましょう。

厚労省により認められ、ファイザー株式会社がフィナステリド錠のジェネリックを販売することになったので、AGAクリニックに行けば、処方してもらうことが出来ます

ファイザーのフィナステリドは保険適応外なので、価格の設定はAGAクリニック側に任せられています。

ゆえにそれぞれ価格に違いがありますが、フィナステリド28錠の価格はおよそ6000円、1錠あたり214円が相場になります。

プロペシアをAGAクリニックで処方してもらったときの価格は、28錠でおよそ7,560円、1錠あたり270円が相場になるので、それと比べると、ファイザーのフィナステリドはかなり安く手に入ります。

AGA治療は長く続けていく必要があるので、少しでも費用を節約したい方はジェネリック医薬品を使うことをおすすめします。

フィナステリドはドラッグストアなどでは購入できず、医師による診察がないと処方してもらえないので、AGAクリニックに行かないと入手することは出来ません。

また糖尿病を患っている方や、肝臓に問題がある人には処方してもらえないため、血液検査を受けることになります。

AGAクリニックに行くと、薬代だけでなく、診察費や血液検査費もかかるので、具体的にいくらぐらいかかるのかを知りたいときは問い合わせるようにしてください。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリド治療開始前には血液検査を行っているAGAクリニックを選ぶ理由とは?

フィナステリド治療前に血液検査を行ってくれるAGAクリニックがあります。

薄毛の治療と血液検査は一見関係ないように見えますが、実はこれから治療するにあたってこの血液検査が重要なカギを握っている場合もあります。

例えば、血液検査を行う事で、育毛を阻害する原因を見つけたり治療方法に関するヒントが得られます。

育毛を阻害する代表的な原因はコレステロール値が高すぎることです。

高コレステロールの状態が続けば血液はドロドロになり、全身に良い血が巡らなくなってしまいます。

その結果、深刻な薄毛を引き起こすのです。

健康に気をつける事で、フィナステリド治療の効果も上がりやすくなります。

また、フィナステリド治療に向けて現在の肝機能の状態をチェックする意味もあります。

薬を飲むのに適した体の状態であるのか調べなくてはなりません。

このように体の健康を守る意味でもフィナステリド治療前の血液検査は重要です。

より正確で信頼出来るAGAクリニックでは、フィナステリド治療前にこのような血液検査を行ってくれます。

良いクリニックを見分ける一つの指標と言っても良いでしょう。

また治療前だけではなく、治療中でも副作用の心配がないか定期的に血液検査を行うこともあります。

こちらも肝機能に内服薬が影響を及ぼしていないかを調べるためです。

肝機能に影響が出ているようであれば、一旦内服薬を中止するという選択も出てきます。

いずれにしても専門家の指導を仰ぎましょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドの用法と飲むタイミングは?

男性型脱毛症の治療薬の主成分であるフィナステリド。

もともと前立腺肥大の薬として開発されたものですが、高い発毛効果が確認されたことから、男性の薄毛治療薬の主成分として幅広く利用されています。

ただし、薬は正しい用法で服用しなければ効果を得ることはできません。

フィナステリドの効果を存分に取り入れたいと思うなら、用法、用量をしっかり守って服用するように心がけましょう。

フィナステリドを含む薬は、基本的には一日のうちのどのタイミングで服用してもいいとされています。

もっとも、だからといって不規則に飲むのはあまり推奨できる飲み方ではありません。

フィナステリドをはじめ、薬というものは体内の血中濃度が一定に保たれることが大切です。

ですから、薬の効果がいったん切れてしまうのが最も避けたいところなのです。

したがって、薬を飲みやすいタイミングを見計らって服用し始めるのが鍵となります。

それぞれのライフサイクルを考えて、最も服用しやすい時間に照準を合わせてフィナステリドを飲むようにするのが最善でしょう。

一方、服用を避けたほうがいいタイミングもあります。

それはお酒を飲む時間帯です。

フィナステリドには肝機能を低下させるという副作用があります。

ご存知の通り肝臓はアルコールを分解する役割を担っていますので、ただでさえフィナステリドの効果で肝機能が低下しているときに、アルコールを摂取すると二重に負担がかかることになるのです。

お酒を飲むことの多い夕食時などの服用は避けることもひとつの方法です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドは20代の薄毛予防にも最適!

フィナステリドは20代の薄毛予防にも最適!

薄毛を気にしている男性は、世界中にいますが、日本でも多くの男性が薄毛に悩んでいます。

脱毛症には、様々なタイプがありますが、男性に多い脱毛症として有名なのが男性型脱毛症です。

男性型脱毛症は、中高年世代の男性に多い脱毛症でしたが、最近は20代の若い男性でも男性型脱毛症を発症する人が増えています。

男性型脱毛症は、脱毛の症状が出たのに放置していると、症状がどんどん進んでしまいます。

ですから、なるべく早く専門家に診てもらった方が良いのです。

男性型脱毛症は、男性ホルモンや生活習慣、食生活の乱れ、遺伝など、様々な原因によって発症します。

日本で人気がある男性型脱毛症の治療薬には、外用薬と内服薬があります。

昔は、男性型脱毛症の治療は外用薬による治療が多かったのですが、最近は、内服薬による治療も増えています。

内服薬の成分としてよく知られているのが、フィナステリドです。

フィナステリドは、脱毛の原因物質と言われているDHTの産生を抑え、脱毛を防ぎます。

軽い症状から中程度の薄毛の人を対象にしたテストでは、半数以上の人に改善効果がみられています。

50代以上の男性よりも、20代から40代の若い世代の方が効果が高いと言われています。

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬でしたが、患者の中に毛が生えた人がいたため、脱毛症の治療薬として開発されることになったのです。

世界中で使用実績があり、副作用も少なく、安全性が高いことから、日本でも幅広い年齢層の男性が使っています

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドを実際に飲んでいる人の口コミ・体験談は?

フィナステリドを実際に飲んでいる人の口コミ・体験談は?

薄毛の症状が進行してしまうと、人によっては育毛剤だけでは改善することが難しい場合もあります。

もちろん、育毛剤を使用するだけで少しずつ薄毛の症状が改善されることもあるのですが、頭皮マッサージなどを行いながら育毛剤を使用して1年ほど経っても効果が感じられない場合は、発毛効果の高いフィナステリドを飲んだほうがいいかもしれません。

実際にフィナステリドを飲んでいる人たちの口コミや体験談では、3ヶ月程度で髪の毛が増え始めたという方がとても多いです。

また、飲み始めたばかりの方ですと、現状維持の効果を実感している方も多く、飲み続けていくことで少しずつ効果を感じられるようになっていくようです。

生え際や頭頂部の薄毛は簡単に改善することが難しいのですが、フィナステリドを飲み始めたことによって髪の毛の量がずいぶんと増えて、薄毛の状態が改善されたと喜んでいらっしゃる方も少なくありません。

ただ、良くない内容の口コミや体験談の中では、フィナステリドを飲み始めて最初のうちは、抜け毛の量が少し増えたという内容もあります。

これは初期脱毛による症状で、薄毛の進行が悪化したように感じるかもしれませんが、飲み続けているうちに髪の毛の量はどんどん増えていきますので、ご安心ください。

そして、副作用があるのではないかと心配なさる方もいらっしゃいますが、適量を摂取していけば副作用などの症状は出てきませんし、確かな発毛効果を感じられるので、試していただきたいです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドの使用方法:毎日同じ時間帯に服用すること

フィナステリドの使用方法:毎日同じ時間帯に服用すること

フィナステリドの作用を効果的にするためには服用する時間帯を決めることにあります。

基本的にいつ服用しても良いフィナステリドですが、毎日同じ時間に服用することでフィナステリドの効果は高まることが期待できます。

これは同じ時間に服用することは薬の成分が身体の中の薬の濃度が一定以上になるためで、薬が身体の中で一定以上の濃度になると効果を発揮するのです。

フィナステリドの効果を期待するなら24時間、体内での濃度を保つ必要があるのです。

そのため自分の生活の中で毎日決まった時間に服用できる時間を決めることが大切です。

また、お酒を飲んだ後に服用することは肝臓に負担をかけることになるため、お酒を飲んだ後にフィナステリドを服用することは避けます。

これらを考えて、おすすめの時間帯は朝食の後や昼食の後、寝る前などです。

昼食や夕食は時間がバラバラになったり摂らないこともあり得ますが、朝食はほぼ決まった時間に摂ることが多く、朝からお酒を飲むということも少ないため、毎日同じ時間にフィナステリドを服用するなら朝食の後は適した時間と言えます。

同じ時間帯に昼食を摂るのであれば、昼食も服用には良い時間帯です。

フィナステリドは肝臓に作用するため、肝臓が活発に活動している日中に服用することは効果が高い服用方法です。

この服用方法は、毎日同じ時間に昼食を摂ることができるという場合のみ効果的な方法です。

また毎日同じ時間帯に服用することを決めることは大切なことですが、服用量を守ることも大切です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドは2型DHTの生産を抑制する

2型DHTはAGAを引き起こす原因のひとつです。

2型DHTは毛乳頭に分布しており、毛乳頭は髪の毛を作るところで、頭頂部や前頭部に存在しています。

男性のAGAの特徴は頭頂部と前頭部の薄毛なので2型DHTが影響していることがわかります。

フィナステリドはこの2型DHTの生産を抑制する作用が期待できます。

特に薄毛になり間もない時は毛根が生き残っている可能性が高いため、フィナステリドを服用することでヘアサイクルが改善されることが期待できます。

毛根がないと思っていても実は毛周期により次の髪の毛が生えてくるまでの期間が空いている状態で、髪の毛が生える毛根は残っている場合もあります。

抜け毛が始まってから約5〜10年が脱毛の期間となるため、抜け毛が気になり出したら5年以内であればフィナステリドを服用することで髪の毛が生えてくることが期待できるのです。

フィナステリドの効果は服用を始めてから約3ヶ月を過ぎた時期から変化が始まります。

服用から約半年過ぎるとフィナステリドの効果が実感できるようになることが期待できます。

薄毛や抜け毛が気になると病院やクリニックなどの医療機関には行かずに自己流で市販の育毛剤を塗布したり、頭皮マッサージなどをして改善を試みることもありますが、男性のAGAの場合は市販の育毛剤を塗布しても改善することはあまりありません。

病院やクリニックでAGAの正しい治療をすることで改善することが期待できるため、薄毛や抜け毛が気になり出したらまず病院やクリニックに相談することが良い選択となります。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリド:薄毛になってからの時間も薬の効果を左右する

フィナステリド:薄毛になってからの時間も薬の効果を左右する

フィナステリドとはAGAに効果を発揮して、薄毛の進行を抑制しながら発毛を促進する、医薬品になります。

プロペシアのジェネリックですが、どちらも効果や成分には大差が無いですから、同等に近いと見做せます。

フィナステリドを服用した後でも、飲みはじめた頃から脱毛症の場合と、抜け毛が増えてきたから髪の為に飲む場合では、話が違います。

前者のAGAが進行してしまった状態では、元に戻す迄はかなり時間がかかります。

後者の場合は進行を制限して脱毛予防するならば、効果を早く実感しやすいです。

両者を比較して決定的なのは「現在の髪の量」ですが、髪の仕組みや生まれ変わるサイクルを見ると、元に戻す迄に時間が必要と解ります。

髪の毛が生まれ変わる(生え変わる)迄に一ヶ月以上を必要としますが、髪が多いほど、サイクル以外のタイミングで抜ける可能性が減ります

その理由は、毛根が丈夫であり、一定の周期に沿って抜け落ちる様になっているからです。

しかし、AGAになるとストレスや活性酸素が原因で、抜けるべきでないタイミングで毛髪が落ちてしまいますから、サイクルが乱れてしまいます。

よって毛根が徐々に弱くなっていく為、薄毛があらわれます。

その状態でフィナステリドを服用すると、脱毛症の進行を抑制できる作用は実感出来る筈ですが、発毛促進の効果は薄いです。

毛根が生まれ変わる周期が乱れていますから、少しずつ正常化させる結果になる為、時間を必要とします。

ですから、薬を服用した後でも、頭皮や毛根の状態で効き目が左右されます。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィナステリドとプロペシアの違いとは?

フィナステリドとプロペシアという言葉は、薄毛に悩んでいる人にはよく見かけるものとなっていると思いますが、この2つの違いについてはわかっていらっしゃるでしょうか。

フィナステリドとプロペシアの違いとは、前者は成分の名前で、後者はその成分を有効成分として作られた内服薬の名称であるという違いになります。

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療によく使われている薬で、世界で初めて医師が処方するAGAの薬として登場したことで知られています。

この薬の働きは、含まれているフィナステリドという有効成分によって、AGAの原因物質であるDHTの生成を抑制することです。

つまり、AGAによる薄毛を治したい人は、プロペシアを飲んでその有効成分フィナステリドの力で薄毛や抜け毛の進行を抑えているということになります。

さて、近年ではプロペシアが特許期間を満了したことによって、一般名フィナステリドを有効成分として、プロペシアを作っている会社以外の製薬会社がAGAの治療薬を発売することが出来るようになっています。

フィナステリドを有効成分として配合し、作られたジェネリック医薬品は、プロペシアとほぼ同じ効果効能を持ちながら、元の薬よりも安価に販売されていることが特徴です。

最近では、薄毛治療クリニックでジェネリック医薬品のフィナステリド錠を扱っている所が増えており、以前よりもリーズナブルにAGAの治療が出来るようになっているため、AGAによる薄毛に悩んでいるなら病院で薬を処方してもらってはいかがでしょうか。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアとは?

フィンペシアとは?

フィンペシアとは前立腺肥大症や男性型脱毛症の治療薬として広く使用されている成分名がフィナステリドという薬のジェネリック薬品です。

フィナステリドは日本では先発品としてはプロペシアという商品名で発売されていて、この商品名をご存知の方は多いのではないでしょうか。

フィンペシアはインドの大手製薬会社であるシプラ社の商品です。

先発品のプロペシアと同様にテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5αレダクターゼのⅡ型という酵素を阻害して、脱毛に悪影響を及ぼすとされているジヒドロテストステロンの濃度を下げることで男性型脱毛症への効果を発揮します。

先発品と内服量も変わりません。

前立腺肥大には1日1回5㎎、男性型脱毛症に対しては1日1回1㎎の内服となります。

ジェネリック薬品の魅力は、何といっても安くその購入費を抑えられることができます。

プロペシアは日本では医師の処方がないと購入できません。

ドラッグストアに行って売っている一般的な風邪薬とは異なる為、診察などを含め、さらに治療期間も長くなりやすいためかなりの高額な医療費となってしまいます。

その点、フィンペシアはかなり安く購入できるのでお財布にも優しいお薬といえます。

また、製造しているインドのシプラ社はインドで第2位の大きな製薬会社であり、世界150か国以上にお薬を販売している信頼できる製薬会社なので、その品質も大きな心配なく使用できるといえるでしょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアの効果

プロペシアの効果

フィンペシアとは男性型脱毛症(AGA)に有効な飲み薬で、プロペシアと同じような効果のあるジェネリック医薬品です。

AGAは男性に多くみられ、生え際の後退、頭頂部から薄くなっていくという脱毛の症状が見られます。

この脱毛が起こる原因にジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関係していると言われており、同じAGAの治療薬であるフィナステリドが含まれています。

フィナステリドにはジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。

フィンペシアは脱毛の原因に直接働きかけるため、非常に効果が高いと言われています。

フィンペシアの効果を実感するには3ヶ月程度かかります。

これは頭髪が伸びるのに時間がかかるためです。

フィンペシアには即効性がなく、時間をかけてゆっくりと効果が表れるためすぐに止めてしまわずに続けることが必要です。

飲み始めてから初期の段階では、脱毛が増えてしまうこともありますが、多くはその後に改善が見られます。

このフィンペシアは男性のみに効果がある薬ですので女性には効果がありません。

また、フィンペシアには副作用もあると言われています。

起こる確率は未知数ですが、肝機能障害が起こる可能性があります。

また、性欲減退、精減少などの性機能に対する副作用もあると言われています。

女性や未成年に対しては使用が禁止されています。

特に妊娠中の女性では、皮膚から吸収されてしまうことも考慮して、触れることも禁止されています。

服用中の男性が性行為を行った場合の影響はありません。

薬が完全に抜けるのに1~2か月程度かかる為、心配な場合はその間服用を控えると安心です。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアの副作用

フィンペシアとは、AGAつまり男性型の脱毛症の治療に使われる飲む育毛剤のことです。

フィンペシアには、AGAに効果があるという成分フィナステリドが含まれており、しかもこの薬はジェネリック医薬品なので価格も安く世界各国で幅広く使われています。

しかし、日本ではまだ承認されていない薬なので入手するには個人輸入という形になります。

フィンペシアは医薬品ですので、きちんと用法を守り服用すればAGAに一定の効果が期待できますが、その一方で医薬品ですので当然副作用の心配もあります。

では、どんな副作用があるのかというと、有名なものでは体に発疹や蕁麻疹が出たり、頭痛や腹痛、下痢、めまいやうつの症状が出たりします。

また、体毛が薄くなったり、体重が増加したりむくみが出たりするケースもあります。

これは薬を服用する事で男性ホルモンの働きに変化をきたしている為に起こる症状です。

さらに性欲の減退や勃起機能不全、男性不妊症といった症状が全体としては低い確率ですが起こるリスクがあります。

他にも肝機能障害の恐れもあるので、特に肝臓が弱いという人は服用をしないほうがよいです。

そしてこのフィンペシアに含まれているフィナステリドという成分は、女性特に妊娠中の女性が服用する事によって、お腹の胎児に悪影響を及ぼす可能性が指摘されている為、現在では女性の服用は禁止されていますし、男性でも長期間服用すると、乳がんのリスクが高くなるという報告があります。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアのジェネリック医薬品

フィンペシアはジェネリック医薬品です。

オリジナルの育毛剤と同じ成分が配合されている医薬品です。

オリジナルとの違いは、製造メーカーや商品名のみで、成分や効果が全く同じで利用者も多いです。

ジェネリックの魅力は低価格ですが、フィンペシアはオリジナル商品の半額で購入が可能です。

配合されている成分は、男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンを作り出す酵素を破壊する効果があります。

効果が実感出来るまでには3~6ヶ月間は掛かる為に根気は必要になります。

しっかりとした効果を得たいのであれば、1年を目どに使用される事をお勧めします。

更に2年3年と続けるに従い、効果は大きく変わってきます。

より効果を高めるには、体の調子を整える事も大事な事です。

普段の食生活を見直し、バランスが良く偏りが無い事や適度な運動を取り入れて代謝を高める事で、ホルモンバランスも良くなり体内の巡りを改善するのです。

体の調子が良くなれば必然的にフィンペシアの効率も少しは変わってきます。

フィンペシアは海外の医薬品です。

日本では医療機関で処方されますが、少し割高です。

どうしても安く済ませて使用したい場合は、個人で購入する方法があります。

今はネット通販が普及してる時代なので、個人輸入代行サービスを用いれば一般の人でも購入可能です。

ただし、あくまでも日本国内では認可されてない為、自己責任にて使用するのが条件です。

法律的にもグレーですので気を付けてください。

服用には注意が必要で20歳以上の男性である事です。

女性や子供には安全が確認されていません。正しく服用をして下さい。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアの成分は?

フィンペシアの成分は?

日本では、様々な薄毛の治療薬を購入することができます。

最近、注目を集めているのが、フィンペシアです。

フィンペシアは、ジェネリック医薬品なので、価格が安いのも魅力のひとつです。

メーカーは、インドのムンバイに拠点がある製薬会社で、インド国内でも有名な製薬会社です。

フィンペシアの成分は、フィナステリドです。

フィナステリドには、脱毛を抑える作用があります。

男子型脱毛症の治療に使われることが多く、日本でも人気があります。

男性型脱毛症は、頭頂部や髪の生え際が少しずつ薄くなっていく脱毛症です。

男性型脱毛症は、進行性の脱毛症なので、何もせずに放っておくと、脱毛の症状が進行してしまうのです。

ですから、抜け毛が増えて男性型脱毛症かもしれないと思ったら、できるだけ早く専門医の診断を受けた方が安心です。

男性型脱毛症の原因のひとつが、DHTです。

DHTは、男性ホルモンの一種で、髪の毛の成長を妨げると考えられています。

フィンペシアは、脱毛の原因となるDHTの生成を抑えることで、脱毛を防ぎます。

フィンペシアは、内服タイプの育毛剤です。

日本では、男性型脱毛症の治療に、育毛剤などの外用薬を使う人が多かったのですが、最近は優れた内服薬が販売されていることから、内服薬での治療を希望する人も増えています。

フィンペシアは、世界60か国以上での使用実績があり、安全性が高いことでも有名です。

ただ、円形脱毛症や、女性の脱毛症には使えません。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアの初期脱毛とは?

フィンペシアは、AGA治療に使われる内服薬です。

プロペシアのジェネリック医薬品なので、安くAGA治療を受けることができます。

フィナステリドという有効成分を含んでいるので、男性ホルモンの抜け毛に関わる作用を阻害し、脱毛しにくい状態にするお薬です。

フィンペシアには、初期脱毛と呼ばれる副作用があります。

30~40人に1人ほどの割合で発生する副作用で、飲み始めてから1~2ヶ月ほど、産毛のような毛がたくさん抜けてしまう状態になります。

せっかく抜け毛を防止するために薬を飲んでいるのに、抜け毛が増えてしまうなんて恐ろしいことに感じるかもしれません。

しかし、初期脱毛による抜け毛は50~100本ほどで、脱毛が進行しているわけではなく、薬が効いているための抜け毛です。

おまけに、初期脱毛はずっと続くのではなく、2~3カ月程度で自然におさまります。

早ければ2週間~1ヶ月以内で収まります。

初期脱毛の原因は、毛周期にあります。

生え始めた毛が成長し、抜け落ちるという誰もが持っているサイクルですが、脱毛症の人はこのサイクルが乱れていることがあります。

フィンペシアを飲むことで、毛周期が正常化しますが、この時に抜け落ちるのを待っている毛が一度に抜けて行くことがあり、これを初期脱毛と言います。

抜け落ちた後には、しっかりとした毛が生えてくるので、本数が減ることはありません。

抜け毛が多くなってしまうと不安を感じますが、そのまま服用を続けて様子をみてみるといいでしょう。

初期脱毛があるということは、薬が効いて毛周期が正常になっている証ですので、その後で髪が生えてくることを考えれば、初期脱毛はむしろ歓迎すべきことなのです。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアの効果が出るまでの期間と効く人の割合

フィンペシアはAGA治療薬として認められているフィナステリド製剤のひとつで、国内で購入することはできませんが、ジェネリック医薬品のため安く購入するできることが人気です。

基本的に毎日服用するものなので、いくら薄毛の治療に役立つからと高価な薬剤を使用し続けるのは難しいものです。

しかし、フィンペシアなら薬価も低く、生活に支障をきたさない程度にまで抑えられます。

効果とは同じ成分を使用しているため、他のフィナステリド製剤とほとんど変わりません。

そのフィナステリドを使用した臨床試験の結果は、一年間の服用で58%の人が薄毛の改善が認められるというものになっています。

効果が出るまでの期間は個人差が大きいですが、早ければ3ヶ月ほど、多くの人が半年前後で産毛が生えてくるようです。

さらに伸び出した髪の毛が濃くなるまで、1年程度は見積もる必要があるので、完全に薄毛が目立たなくなるまでは年単位が必要と考えられます。

このことから、フィンペシアが効く人は75%前後、4人に3人の割合で効果が出ることになります。

ただし、服用してすぐに結果が出るわけではないため、効果が出る半年ほどは使い続ける必要が出てきます。

全ての人に効果があると断じることはできませんが、薬価も安く手に入れやすいので、半年または1年ほど服用を続けるよう決めておくと良いかもしれません。

そう言い聞かせておけば、効果が出る出ないにかかわらず、ストレスも溜まりにくく精神的にも楽になります。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアは女性はNG!女性にとってフィンペシアは超危険

フィンペシアは、AGA治療薬のプロペシアのジェネリック医薬品として販売されています。

プロペシアは1錠あたり250円ほどするので、金銭面で継続するのが難しいと感じる人もいますが、フィンペシアはジェネリック医薬品なのでより安価な価格で買うことができます。

プロペシアもフィンペシアも、フィナステリドという有効成分を含んでいます。

この成分の働きは、男性ホルモンのうち脱毛に関わる因子を阻害することです。

抜け毛を防いで、これからまだ成長できる毛を育てていく効果があります。

最近は男性だけでなく、女性にも抜け毛に悩んでいる人が増えています。

旦那さんが使っている育毛剤を、奥さんがこっそり使っていることは珍しくありません。

しかし、フィンペシアやプロペシアというような、フィナステリドを成分として配合されているものを女性が使うのは大変危険なことです。

男性ホルモンの働きを抑制する働きなので、元々男性ホルモンの量が少ない女性には効果がありませんし、万一服用してしまうと、生まれてきた赤ちゃんに奇形が起こる可能性もあります。

フィンペシアには塗り薬と飲み薬の2種類がありますが、どちらも使わないようにしましょう。

特に、妊娠中や授乳中の女性は注意が必要です。

フィンペシアには、女性が誤って触れた時に問題が起こらないように、周りをコーティングしています。

触っただけで成分が体内に入ることはありませんが、家族で服用している人がいる場合は注意しましょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアの価格(AGAクリニックでの処方)はいくらぐらい?

市販の育毛剤を使っても、なかなか薄毛が改善しないときはAGAクリニックでフィンペシアを処方してもらうことをおすすめします。

インドの大手製薬会社であるシプラが製造販売しているフィンペシアは、薄毛治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は膨大な研究開発費がかかっていないため、プロペシアに比べると、安い価格で手に入れることが出来ます。

主成分であるフィナステリドの含有量はプロペシアと同じで、薄毛に対する効果もほとんど変わらないので、少しでも治療費を抑えたい方は、フィンペシアが便利です。

AGAクリニックでプロペシアを処方してもらう場合、1ヶ月分で7,000円~10,000円というのが相場になります。

ホームページに価格表を掲載しているAGAクリニックが多いので、複数を比較し、安いところを選んで診てもらうと良いでしょう。

フィンペシアの用法・容量については、これもプロペシアと同じで1日1錠なので、毎日忘れずに飲むことが大切です。

すぐに効果があらわれる薬ではなく、1ヵ月程度では大した変化は見られないので、最低でも半年は継続して服用しなければなりません。

ミノキシジルと併用することで、より高い薄毛改善効果を得られるので、プロペシアとともに処方するAGAクリニックもあります。

抜け毛が増えてきたと感じている方は、早めにAGAクリニックで治療を始めるようにしてください。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシア治療開始前には血液検査を行っているAGAクリニックを選ぶ理由とは?

AGA治療薬のフィンペシアは優れた発毛効果が得られますが、肝機能障害の副作用が出る場合があります。

そのため、肝臓病を患っている方はフィンペシアの服用が禁止されています。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、初期段階では自覚症状があまりないことが特徴です。

そのため、肝臓病を患っていることに気づかずにフィンペシアを服用してしまうことがあるため、服用する際には血液検査をして肝臓病を患っていないかを調べることが必要になります。

AGAクリニックは医療機関ですので、AGAクリニックで血液検査をすることが可能です。

しかし、全てのAGAクリニックが血液検査を行っているとは限らず、フィンペシアを投与する際に血液検査を行っていないAGAクリニックも存在します。

フィンペシアを投与する前に血液検査を行わないと、肝臓病を患っている人にフィンペシアを投与してしまう恐れがあるので非常に危険です。

よって、AGA治療を受ける際には、血液検査を行っているAGAクリニックを選ぶことが大切になります。

薬物治療を開始する前に血液検査を行っているAGAクリニックは患者様のことを第一に考えていることの証明になりますので、安心して薄毛治療を受けることができます。

患者様を第一に考えているAGAクリニックは治療前のカウンセリングに力を入れており、薄毛治療の内容を分かりやすく説明してくれます。

不安に感じていることがあれば気軽に相談することができ、全ての不安を解消したうえで適切な治療が受けられます。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアの用法と飲むタイミングは?

フィンペシアは、AGA治療薬であるプロペシアの有効成分フィナステリドを含むジェネリック医薬品です。

プロペシアより安価であることから人気がありますが、日本では未認可の薬のため、医療機関で処方してもらうことはできません。

ですので、服用している人の多くは、個人輸入サイトから入手しています。

フィンペシアはプロペシアと同様の働きをするため、AGAの進行を抑えることができます。

効果はプロペシアよりも劣ると言われていますが、80%~90%の人に改善効果が期待できるという報告もあります。

どのくらいで効果を実感できるのかについては、個人により異なりますが、少なくとも3ヶ月~6ヶ月ほどは継続して服用することが求められます。

半年以上経ってから効果があらわれるケースもあるため、フィンペシアを服用するにあたっては、根気よく続けることが大切です。

フィンペシアの1錠には、1㎎のフィナステリドが配合されています。

この含有量はAGA治療で推奨されているフィナステリドの量と同量ですので、1日1錠の服用が適切です。

服用量を増やしても、副作用のリスクが高まるだけで効果は変わらないので、服用量は厳守しましょう。

飲み忘れても翌日量を増やすことも控えなければいけません。

飲むタイミングは特に決められていませんが、24時間有効な薬なので、24時間おきに飲むのが適切です。

飲み忘れを防止するには、自分の都合の良いタイミングで毎日服用するようにすると良いでしょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアは20代の薄毛予防にも最適!

フィンペシアは20代の薄毛予防にも最適!

フィンペシアは20代の薄毛予防にも最適です。

フィンペシアとはAGA(男性型脱毛症)のための治療薬です。

なので、自分の薄毛の原因を確認してからの摂取をおすすめします。

AGAの可能性がある薄毛の人の特徴としては、血縁関係の男性に薄毛の人が多い、ヒゲやすね毛などの体毛が濃いという特徴があります。

検査して調べる方法としては、AGA治療専門のクリニックでAGAは遺伝的なものか遺伝子検査をすることによって判定することが出来ます。

フィンペシアの中に含まれているフィナステリドが体に反応するかどうかも検査することが可能です。

薬が体に効きやすい体質かどうかも検査することが出来ます。

検査内容はとても簡単で口の粘膜から組織をこそげとるだけなので痛みも手間もありません。

結果が出るまでは2週間から1ヶ月程度かかることがありますので、早めに検査を受けて治療を開始しましょう。

AGAという診断をされたら、20代の人は早期治療であればあるほど効果が期待することが出来ます。

AGA治療は長期戦になりますが、フィンペシアを摂取しつつも生活習慣を改める必要もあります。

運動不足の人は軽い運動を日々に取り入れましょう。

ストレスを強く感じている人はその原因を取り除いて、ストレスをなるべく解消するようにしましょう。

食事の栄養が偏っている人は食生活も改める必要があります。

睡眠不足もAGAには大敵ですので、いつも同じ時間に寝て、きちんと睡眠時間を確保するように心がけましょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアを実際に飲んでいる人の口コミ・体験談は?

フィナステリドを実際に飲んでいる人の口コミ・体験談は?

フィンペシアは薄毛改善に効果がある内服薬です。

薄毛は時としてかなり深刻な悩みを引き起こします。

フィンペシアを飲むことによって多くの人がその効果を実感しています。

決して即効性のある薬ではないため、効果を実感している人の共通点としては毎日決まった時間に断続して飲んでいることが挙げられます。

きちんと服用することでかなりの確率で満足いく効果が得られるでしょう。

また、実際に飲んでいる人達はお酒にも気をつけています

フィンぺシアは内服薬ですのでお酒と一緒に飲んでしまう事で、副作用が出やすくなる事が考えられます。

どうしてもお酒を飲みたい場合には、かなり時間をおいて飲むほうが良いです。

また、フィンペシアはかなり価格が安いため、続けやすいという声も多くあります。

どれだけ効果のあるものでも、価格が高ければ続けることは困難です。

その点、フィンペシアは価格についての心配は必要ありません。

製造国がインドのため人件費などの関係で安く購入できます。

安いからと言って効果が薄いわけでも、副作用が出やすいわけでもありませんので、薄毛に悩む人の強い味方になってくれることは間違いないでしょう。

また、フィンペシアは年単位で断続することによりかなりの改善が見られますので、始める際は年単位での服用を計画しておくとよいでしょう。

薄毛は時として人生に暗い影を落としてしまいます。

自信が失われたりすると、それは重要な問題です。

しかし、フィンペシアはそれらの問題に希望の光をのぞかせてくれるでしょう。

⇒来院せずに自宅でフィナステリド(プロペシア)を受け取れる「スマホ来院」の詳細はコチラ

フィンペシアとプロペシアの違いとは?

フィンペシアとプロぺシアどちらとも薄毛改善効果があります。

そして、有効成分がフィナステリドという同じ成分です。

この二つの明確な違いですが、フィンペシアはプロペシアより後に発売されました。

価格についてもフィンペシアはプロペシアよりもかなり安くなっています。

ただ、安くなっているからと言って安全性に問題があるわけではありません。

勿論、両方とも安全性や効果は認められています。

プロペシアの方は医薬品でクリニックから処方されることも多いので、より確実な効果や安心を求める場合には、プロペシアの方が最適です。

この価格の違いに絡んでいるものの一つに製造国の違いがあります。

フィンペシアはインドで、プロペシアはアメリカとなっています。

この製造国の違いにより、人件費などに差が出ることが二つの価格の違いを生んでいます。

また、どちらも内服薬ですので1錠の大きさにも違いがあります。

フィンペシアの方が錠剤としては小さいので、飲みやすさを求めるのならば、フィンペシアを買い求めるのも良いでしょう。

内服薬で心配されるものの一つに副作用があります。

副作用に関してはどちらの内服薬も違いはありません。

安いから副作用が出やすいといった心配は無用です。

しかし、価格がより安いフィンペシアについて注意点があります。

それは偽物が出回っている可能性があるということです。

少なからずその可能性はありますので、注意が必要です。

また、日本の法律的にもグレーですので、AGAクリニックでプロペシアを処方してもらうのが安心安全です。

AGAクリニックでフィナステリド(プロペシア)を来院せずに購入可能!

プロペシアやフィナステリドなどはAGAクリニックに通院して、処方されるのが当たり前ですが、何と来院せずに自宅でフィナステリドを受け取れるAGAクリニックが現れました。

1回目のみは来院しないといけませんが東京・新宿、福岡、大阪、仙台など全国各地に57院と圧倒的な数を誇り、2回目以降は「スマホ通院」という形で、来院せずに自宅でフィナステリドを受け取れます

AGAクリニックをスマホ来院

しかも、初回1,800円(税込み)と格安で、2回以降も3,000円(税込み)と安価でAGA治療が出来ます。

東南アジアの怪しげな輸入商品(日本の法律的にもグレー)よりも、日本で認可されているフィナステリド(プロペシア)でAGA治療をスタートしてみては如何でしょうか。

AGA治療薬を激安で購入